コオロギせんべい

hinakichi
2022年2月16日

 昨日友人宅にお邪魔した際昆虫食の話になり、なんと!こちらのコオロギせんべいが登場した。パッケージに「将来の地球のことを考えて作られた環境にやさしいせんべいです。」とある。姿はなくパウダー状のコオロギを配合しているので、抵抗感はない。食べるとエビせんに味がよく似ている。初めての昆虫食体験は拍子抜けであった。しかしながら来るべき食糧難時代に向け昆虫食を受け入れる心の準備が整った(のか!?)。発売元の株式会社キャナリイ21のHPには現在こちらの商品の商会が無かったため、以下こちらの商品を紹介している記事より抜粋。

 世界的な食糧不足が懸念される中、栄養価の高い昆虫食が注目を集めており、せんべい発売により昆虫食普及を後押しするとのこと。岐阜県内初の取り組み。
*1袋60g入、価格は324円(税込み)
*コオロギは栄養価が高い・カルシウムは牛乳の約2倍・ タンパク質は牛肉の約4倍・育てやすくて環境負荷が小さい・味も癖がない。
 昆虫食が進んでいるタイから食用コオロギを輸入。国内で検査して粉末にしたものを使うことで、見た目でコオロギを使っていると分からなくした。製造はえびせんベいメーカーに委託。味はえびせんべいに似て香ばしく、1袋で5匹程度のコオロギを使用。(野村美穂ブログより)

 また、コオロギの可能性を社会に実装していくことを目的として2019年に創業したフードテックベンチャー、グリラスという会社でも以下の説明。